1. TOP
  2. 葉酸にはどのような働きがあるのか

葉酸にはどのような働きがあるのか

葉酸の働き
そもそも葉酸とは、なんなのかあなたは知っていますか?

葉酸は、ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、水溶性ビタミンに分類される生理活性物質の事
Wikipediaより抜粋

ほうれん草から発見された成分なので緑黄色野菜に多く含まれています
他にはレバーに多く含まれている栄養素で妊娠時には400μgを摂取する必要があると言われています

その理由として葉酸を摂取することでお腹の赤ちゃんの神経管閉鎖傷害のリスクを低減する効果があるので、
厚生労働省からは妊娠初期だけでなく、妊娠前から摂取するように発表されています。

妊娠中の葉酸のはたらき

細胞の生産や再生を助け、体の発育を促す

赤血球の生産を助ける造血ビタミン

赤ちゃんは、お腹の中で細胞分裂を繰り返しながら大きく成長していきますので
細胞の生産や再生を助けてくれる葉酸を摂取することで元気な赤ちゃんに育ちます
また、葉酸不足が原因で先天性異常になるリスクが高まると言う研究結果も発表されています。

妊娠すると全体の血液量は増えますが、赤血球はそれほど増えず、赤血球濃度が薄くなります。
おなかの赤ちゃんも母体から鉄分を奪っていくので、鉄分不足の貧血になりやすくなります。
貧血が悪化すると、お腹の赤ちゃんにも発育に遅れや未熟児になってしまうリスクがあります。
母体への影響としては、出産時に起きる出血への対応が厳しくなってしまうので妊婦の貧血は想像以上にリスクがあるので注意が必要です。

葉酸を取るのが大切な時期

妊娠前1ヶ月から妊娠3ヶ月の間がもっとも大事だと言われています
赤ちゃんの体の元を作る大切な期間にしっかりと質の高い葉酸をとりましょう

もちろん、出産まで赤ちゃんは成長していきますので常に葉酸を摂取しておくのが理想です。
上で書いたように出産時の母体のリスクも考えると妊娠中はずっと摂取するべきだと理解できますね

もちろん、それだけでは足りないので鉄分も普段より多めに摂取するようにお医者さんから指導されます。

\ SNSでシェアしよう! /

数字で見る葉酸サプリ|おすすめ葉酸サプリメントランキングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

数字で見る葉酸サプリ|おすすめ葉酸サプリメントランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 妊娠中に葉酸サプリを飲む必要が無い3つの理由

  • 妊婦葉酸摂りすぎるとどうなるの?副作用で胎児が喘息になるらしい

  • ベルタ葉酸サプリで損をしない買い方※定期購入は注意が必要です

  • 和光堂葉酸キャンディ効果は?葉酸キャンディのデメリットが怖い

  • 葉酸を過剰摂取ってどれくらい?どんな症状になるの?1日1000μg以上は危険!

  • 葉酸サプリ妊娠したいなら飲むべきはウソだった!