1. TOP
  2. おりものの変化は、妊娠超初期症状かもしれない!サラサラに変化した?

おりものの変化は、妊娠超初期症状かもしれない!サラサラに変化した?

妊娠生活中に気をつけること この記事は約 3 分で読めます。 181 Views

thinking

おりものの感じが、なんだかいつもと違う。。。病気なのかな?と疑問に感じているあなた
いつもよりもサラサラにおりものの変化を感じているなら、それは妊娠超初期症状の可能性が高いですよ

おりもの変化が教えてくれる妊娠超初期症状

サラサラなおりものは妊娠の超初期症状の可能性が高く、妊娠初期段階だと考えられます。そして徐々に「おりもの」の量が増えて行きます。こちらは赤ちゃんを細菌から守ろうとする為です。胎盤が出来上がるまでは子宮内膜内をキレイに保とうとする働きから量が増えて行くと言われています。
そして一緒に「おりもの」の色にも変化が出てきます。個人差がありますので一概には言えませんが、妊娠してからの「おりもの」は透明から白っぽく時に黄色っぽく、中には茶色っぽくなる人もいらっしゃいます。

茶色の時は安心してください。妊娠が原因で子宮内出血することがありますが、過去の出血であり、酸化した状態の血が混じっていることが原因ですので問題はありません。

しかし、赤やピンクの時は注意が必要です。赤やピンクが混じっている時は血が酸化していないため出血したばかりの血であると言われているため、大量出血の可能性もありますので、産婦人科に行き、すぐに見てもらいましょう。

完全に「血の赤」の場合は切迫早産や流産の危険があります。同時にお腹に傷みや張りを感じたりすることもありますので、すぐにかかりつけの病院へ受信することをおすすめします。

体の周期で変わるおりものの量

生理後の「おりもの」は周期の中で一番量が少なく、さらっとしたタイプです。
そこから排卵期に入り、少しずつ量が増えて行きます。排卵期は「おりもの」の量がピークに達します。この排卵期は妊娠の「おりもの」と共に妊娠の準備をしている状態であり、「おりもの」は精子を子宮内へ誘導する役割も持っているのです!
その後、黄体期と言われる排卵後に突入し、役割を終えた「おりもの」の量は減っていきます。この周期が一番不快に感じるドロっとしていて粘り気があり、匂いの気になる時期です。そして妊娠しなかった時は、生理が来て子宮内膜に準備された受精卵が着床せずに血液と「おりもの」とともに子宮外へ流れ出ていきます。

女性にとっては切り離せない「おりもの」の存在

普段、何気なく生活している中で「おりもの」というのは不快に感じたり、下着が汚れるから嫌だなんて思ったりするものです。しかし年齢を重ねていくにつれて「おりもの」は増えていき、さらに不快感が増したり、自分の体が何かおかしいのかもしれないと考えたりする時が来ます。しかし「おりもの」というのは自分の体の状態を知らせてくれるものであり、女性の体にとっては必要不可欠な存在なのです。特に妊娠初期の場合などにも変化が表れてりするものですので、変化に気付けるように自分の「おりもの」を日常的に見るようにしましょう

「おりもの」と向き合う事でわかること

女性の体は不思議が多く、今でも解明されていないことが多くあります。生命を宿す為の準備を自分が意識していなくても本能で動いています。いつも感じる「おりもの」の不快感も意味を持つものだとわかれば、意識して観察したりすると思います。
その「おりもの」の変化から気付けることが多くあります。
気持ち悪いと思っても、何かいつもと違うかもと違和感を感じたらすぐに婦人科や産婦人科を受診しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

数字で見る葉酸サプリ|おすすめ葉酸サプリメントランキングの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

数字で見る葉酸サプリ|おすすめ葉酸サプリメントランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 2人目の妊娠生活、上の子の相手が出来ない気持ちのコントロール方法

  • 葉酸飲んでないし飲まない人の話!葉酸サプリは、妊娠初期だけで良いの!

  • たまごクラブいつ買う?いつから読むのアンケート結果を発表!

  • 赤ちゃんアレルギーならないために妊娠中に出来る大切な7箇条

  • 妊娠中にレバーを食べると催奇形性になるリスクが高まる

  • 初めてのマタニティライフのすごし方!むくみや肌荒れが気になる