1. TOP
  2. 妊娠中の困った妊婦尿もれ吸水ナプキンを用意して対策しよう

妊娠中の困った妊婦尿もれ吸水ナプキンを用意して対策しよう

みんなの妊娠中の悩み この記事は約 2 分で読めます。 341 Views

私が次男坊を妊娠中、長男もまだ甘えたがりの一才児。
抱っこをせがまれる事が一番辛かったですね。

抱っこしてあげたいのは、やまやまだけど、身重でしょ。
いくら小柄といえ、抱っこはほとんどなし。代わりにパパが抱っこしてくれました。

私は特につわりもなく、血圧も安定(低血圧)していたので、特に、お医者さんから注意されることもなし。

もともと、若年性糖尿病でインスリンを打っていたので、多少は食事にも気は使っていましたが。

どちらかというと、妊婦のわりに低血圧(糖尿病患者とはおもえない)のせいで、いつ血圧が上がるのか、
予測不能なので、先生の方がハラハラしてましたよ。

同じ妊婦さんのなかにも、妊娠糖尿病のかたがいらっしゃいました。
最近は、妊娠糖尿病にかかる人が増えているそうです。これからのひとも、妊娠中の方も、妊娠糖尿病には、十分注意してくださいね。

あと一番困った事が、軽い尿もれ。
お恥ずかしいですが、お腹が大きくなるにつれ、咳、くしゃみがでるとアウト。吸水ナプキンは準備しておいて、損はありません。

妊婦さんの必需品です。

\ SNSでシェアしよう! /

数字で見る葉酸サプリ|おすすめ葉酸サプリメントランキングの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

数字で見る葉酸サプリ|おすすめ葉酸サプリメントランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 妊娠中足がだるいのは足湯+着圧ソックスでだるさ改善!妊婦の輝きは一瞬のキラメキ 

  • 妊娠中は玉露(お茶)も危険、ノンカフェインのお茶を飲みましょう

  • 妊娠中のつわり症状はずっと船酔いよりもずっと二日酔い状態 嗅覚は犬並みに!

  • 妊娠中の飲酒アルコール摂取による胎児への影響について

  • 切迫流産から切迫早産!安静にしなきゃいけないときの体重管理はどうする?

  • 妊娠中の顔シミ妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)を消す方法