1. TOP
  2. ナイナイアンサー陣内貴美子不妊治療6年間の苦悩を告白を見ての感想

ナイナイアンサー陣内貴美子不妊治療6年間の苦悩を告白を見ての感想

みんなの不妊の悩み この記事は約 3 分で読めます。 371 Views

wonayami
元バドミントン選手の陣内貴美子さんが
1月22日放送の解決ナイナイアンサーで不妊治療の6年間の苦悩を告白しました

39歳から不妊治療開始は遅い?

ナイナイアンサー陣内貴美子さんの不妊治療暦の紹介として、37歳で元プロ野球選手の金石昭人と結婚し、2年経っても赤ちゃんを授からなかったので不妊治療(タイミング療法)を開始したそうです
つまり、39歳から 結婚したタイミングでも、いわゆる高齢出産と呼ばれる年齢なのでそこから2年経過してからと言うのが勿体無いですね

39歳で妊娠する確立

一般的に年齢を重ねると妊娠は、しにくくなっていきます。割合で言うと
25歳~30代前半で25~30%、30代後半で18%、40代前半で5%、40代後半で1%

妊娠を望むなら、早い段階で努力をする必要があります。

不妊症と判定されるまで

一般的に、不妊症は妊娠を望んでいる状態で2年経過しても出来ない場合と定義づけられています。
今回の陣内さんの場合も、2年経過してから不妊症と呼ばれる状態から開始ですね
しかし、そもそも開始が39歳になってしまった事で妊娠の確立がグッと減ってしまっています
37歳の時から、不妊治療をはじめていたら、違った結果だったかもしれませんね

不妊治療に掛かったお金

陣内貴美子不妊治療にかかったお金として紹介されていたのが
顕微授精で約60万円、体外受精で約50万 不妊治療は非常にお金が掛かります
自治体からの補助金制度もありますので、有効に活用した方がいいですよね
お金だけじゃなくて、体外受精の「排卵誘発剤」を打つために仕事をしながら病院に通ったりと時間も使います
仕事をしながら不妊治療は、非常に難しいので不妊治療に専念する為に仕事を辞めると言う女性も多く居るのが現実です

不妊治療の辞め時がわからない

これ、非常に重要です。
陣内貴美子さんも不妊治療に関して「赤ちゃんが待っている駅に列車で向かうがそこには赤ちゃんはおらず、次の駅に行けばいるのかと思ってまた列車で向かうを繰り返す」と例えて、不妊治療のやめ時が分からなくなったと語っていました。
お金と時間をかけて、不妊治療を行って次こそは次こそは、ここまで頑張ったんだから途中でやめるわけには、いかないと精神的に追い詰められてしまう女性が多いです。
最終的には、旦那さんがもう辞めようと不妊治療開始から6年で決断されたそうです。

不妊治療は、完全ではない

元スポーツ選手と言うことで体の健康面で言うと、一般人に比べると気を使っていたと思います、またご夫婦で芸能人ですので、資金も多くあったのできちんと治療をされたと思います。
それでも、6年かけて赤ちゃんを授かることが出来ないという現実、お金をかけて不妊治療をすれば必ず授かると言う事では、ありません。

当サイトでは、妊娠を望む多くの方に必要な栄養素を補うための補助食品について
成分やネット上の口コミを元にして人気のある妊活サプリを3つ厳選して、比較しています
もしご興味がありましたら確認してみてください
妊活サプリ比較表

\ SNSでシェアしよう! /

数字で見る葉酸サプリ|おすすめ葉酸サプリメントランキングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

数字で見る葉酸サプリ|おすすめ葉酸サプリメントランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 妊活コーヒー飲めないのが辛い!体を冷やすから仕方ないけどコーヒー飲みたい

  • 妊活にかかるお金 不妊治療に比べたら安いけどサプリ代もバカにならない

  • 妊娠に関するおばあちゃんの知恵袋!10分間動かないで寝たままで妊娠する!?

  • 東尾理子不妊治療病院クリニックはどこ?不妊治療成功の秘訣

  • 不妊治療やめる?続ける?不妊治療を続ける決断がまだ出来ない悩み

  • 不妊治療は予定が立たないので、不妊治療の為に仕事を辞めてしまった